中古マンションをうまく売れる人売れない人

不動産や中古マンションは、同じものが2つとありません。よって、中古マンションが売れない理由も物件によって違います。中古マンションを売りに出すまでは「すぐに売れる」と思っていたのに、ふたを開けてみれば「こんなはずではなかった。なぜ売れないのか」となるわけです。 しかし、なかには中古マンション売却に成功し、素晴らしい成功をした方もたくさ んいます。 予想していた条件より好条件で中古マンションを売れた人もいます。他の不動産屋の査定最高額が2000万円だった物件を、 3000万円で売ることができた人もいます。 同じように中古マンションを売りに出しているはずなのに、なぜ「うまく売れる人」と「売れずに困っている人」「売ってから後悔する人」がいるのでしょう? もちろん、中古マンションごとに「売れやすい間取りだった」とか「希少性のある物件だった」ということもあるかもしれません。しかし「うまく売れて成功した人」の中古マンションが特別にすぐれたマンショ ンだったことはありません。 何がマンション売却の明暗を分けたのか? それは、マンション売却を始める早い段階から「最適な方法と最適な価格で中古マンションを売る方法」を知っていたからなのです。不動産サイトから成功する方法を得ていたのです。

中古マンションを売りたい方からと受ける質問の中でダントツに多いのは、この「売れなくて困っている」という相談です。 「売れない理由」は中古マンションごとにいろいろあります。値段が高い、間取りが悪い、人気がない、古いなど。 「売りに出しているけど、半年間全然売れない」というケースもあります。 調べてみると、値段が市場価格より高めだったり。売れない値段で売り続けていたのです。このように様々な理由があります。
「不動産屋が、この中古マンションはこの値段で売れるといったから売りに出したのに」と嘆いてみても売れないものは売れません。「売れないまま過ぎた時間」とその間に支払った「住宅ローン金利」は返ってきません。 不動産屋に解決策を尋ねても、不動産屋もわからないのでただただ「中古マンションの値段を下げましょう」の一点張りのケースだってあります。根拠なく値段を下げることにも納得がいきませんし、下げて売れる保証もありません。今、中古マンションを売りに出し、売れないでお悩みになっている方がたくさんいます。

コメントは受け付けていません。