レバレッジ効果とは

不動産に投資する際に、投資資金を借りて、少ない手元資金でリターンを得ることを「レバレッジ効果」と言います。不動産の賃料が借り入れた資金の返済額よりも多ければ、利益を得ることができます。これが不動産投資は時間を見方につける投資方法なのです。保有している不動産を売却した際に、購入金額を上回っていれば、売却を得ることもできます。

アパートや木造の住宅は、そもそも物件の寿命が短く、逐年すうの経過による物件の品質の劣化が激しいこともマイナスポイントです。安定して収益を稼ぐことができる「リアルアセット」としては、家賃相場が安定している単身者向けで且つ木造ではない物件が向いていると言えるでしょう。

マンションを対象にした場合、日本の市場においては中古物件の方が投資効率が良いのは明らかです。新築マンションは売りに出されてから3年くらいまで急激に価格を下げます。これが新築プレミアムと呼ばれる分の価格です。新築のマンションは売り出しから価格が減り続けます。しかしながら、30年たっても半額をわりません。つまり、価格が下げ止まるということです。

こういった細かいことも含め、不動産投資セミナーなどで学ぶことが得策です。

おすすめサイト:不動産投資セミナーを東京で探すならNAN

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です