マーケットを絞り込む

不動産の評価がすべて終わったら、マーケットを絞り込むのに必要な情報で備えができているはずだ。目標を設定することについて、 8世帯集合住宅を見つけるという目標を例に挙げよう。その目標は次のようなものだった。
今後 5年聞にわたり、平均して少なくとも年に 4 ,000 ドルの収入を生む 8世 帯集合住宅を 1件、 12 か月以内にフェニツクスの都市部で購入する。
あなたはいま、フェニツクスの都市部はマーケットとしてはあまりにも広すぎると思っているはずだ。かなり絞り込む必要がある。マーケットについての知識が増えていくにつれて、自分の目標をさらに絞り込み、リサーチに磨きをかげる作業を継続していくことになるだろう。それでいいのだ。このようにゆっくりと的を絞り込んでいくことが必要で、それが効果的にできない人にとっては、この種の作業は……そう、膨大な作業になってしまうだろう。では、マーケットをスコッツデールに絞ってみよう。これでずいぶんやりやすくなる。そして焦点を、スコッツデールのサプマーケットであるオールドタウン地域に絞っていく。すると物件の選択肢は数万件ではなく数百件になったことがわかる。私が言った「膨大な作業」の意味がわかってもらえただろうか。マーケットを絞り込むことで、物事が扱いやすくなるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です