物件を見つけたら

不動産情報を探っているときに、よさそうな物件が見つかったとします。どうしたらよいでしょう。これだけは念頭に入れておいてください。よい物件は、素早く売れてしまいます。つまりどういうことでしょう。それはよい物件が見つかったなら、あなたも素早い行動をとらなければならないということです。
よさそうな物件がみつかったなら、すぐにその物件を調査しましょう。物件視察は絶対に必要ですから、その時間を使うのはやむを得ません。しかし、他の人がその物件を購入してしまうよりも早く、あなたが購入しましょう。
その物件の交通の便はどうなのか。周辺の雰囲気はどうなのか。日当たりはどうか。駐車場や駐輪場はついているのか。メンテナンスは行き届いているのかなどを、素早くチェックして購入する価値があるかないかを即断しましょう。例えば、6戸あるアパートで、空室が1戸であればそれは買いでしょう。
ぐずぐずして、他の投資家に儲けさせる必要などまったくないはずです。あなたがそこを手に入れて、あなたが投資して儲けましょう。
また、よい物件が複数見つかった場合はどうしたらよいでしょう。十分な資金力があるのなら、両方を押さえるべきです。片方しか購入する余裕がないということでしたら、自分の判断にまかせるしかありません。自分がもし入居者の立場であったなら、一体どちらの物件を選んで住むだろうかと考えてみてください。自分が住みたい方の物件が、恐らくはより魅力のある物件です。
しかし、懸念材料もチェックする必要はあります。近くでコンビニエンスストアが倒産しているなどは、あまりよいサインではありません。近所のパチンコ屋やラブホテルが乱立しているなども、悪いイメージがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です